赤ちゃん

新生児用品を購入するポイント|便利グッズが続々登場

赤ちゃん用品

赤ちゃん用品

新生児に使いたいもの

新生児とは、生まれてから4週間までの赤ちゃんを指しており、お腹の中にいた胎児とでは劇的に環境が変化します。また、新生児と生後4週間以上経った赤ちゃんとでも、成長度合いや環境への適応力などに差があり、新生児という期間は特別な期間なのです。まず、胎児の時はへその緒を通じて、お母さんが摂取した栄養や酸素を取り入れており、羊水に守られて成長していきます。それが新生児になると、体温調節から母乳やミルクでも栄養補給、肺呼吸など、すべて新生児自身が行っていかなくてはならなくなります。妊娠週数が進むにつれ、胎児自身も外の環境に適応できるよう準備をしますが、生まれてすぐからうまくできるわけではなく、未熟な面がたくさんあるのです。ですので、新生児は特別な期間であり、環境に慣れる手助けや健やかな成長を促すために、新生児用品が選ばれています。新生児用品には、オーガニック素材やガーゼやコットン100パーセントというような、肌に優しいものが多くあります。さらに、「日本製」のものは人気が高く、免疫がなくデリケートな新生児でも、安全で安心して使える新生児用品が好まれています。また、妊婦検診では判断できない、アレルギーの有無にも対応できるような、無添加の洗剤や石けん、ボディークリームなどを使う人も多くいます。このように、デリケートな新生児だからこそ、新生児用品には素材や製品の品質、無添加など、安全や安心に重点を置いて選ぶ人が多くいます。

赤ちゃん

とても便利でした

小さい子供が二人以上いる場合は、パウンサーを利用しましょう。お母さんの手が空くだけでなく、子供にとっても楽しいアイテムなので、機嫌良く過ごすことができます。もち運びにも便利なので、自宅以外の場所でも活躍してくれるでしょう。カバーが外せるものを選ぶと、洗濯して清潔に保てます。

親子

授乳の時のお助けアイテム

授乳服は一時的にしか着ないから勿体ないと思う方もいるとは思いますが、お母さんの気持ちが楽になる事で、赤ちゃんに余裕を持って接する事にもつながり、母子ともに不安定な産後の時期のストレスを和らげてくれるとても便利なアイテムなので一度試してみるのも良いかもしれません。

母と子

抱っこしながらの育児

抱っこひもは、赤ちゃんを抱っこしながら家事などを行えるメリットがあります。赤ちゃんを手で支えなくても自由に動けるため、抱っこひもを使うことで育児も楽になります。抱っこひもには、新生児から使えるタイプやおんぶができるタイプなどがあるので、生活や使いやすさから選んでいかなければいけません。